entee memo

8. 昭和残侠伝・唐獅子牡丹

監督:佐伯清 サエキキヨシ
脚本:山本英明 ヤマモトヒデアキ / 松本功 マツモトイサオ

高倉健 タカクラケン(花田秀次郎)
三田佳子 ミタヨシコ(秋山八重)
池部良 イケベリョウ(畑中“三上”圭吾)
津川雅彦 ツガワマサヒコ(清川周平)
花澤徳衛 ハナザワトクエ花沢徳衛(金子直治)
河津清三郎 カワヅセイザブロウ(左右田寅松)
山本麟一 ヤマモトリンイチ(左右田弥市)
芦田伸介 アシダシンスケ(田代栄蔵)

大谷石の特産地として名高い宇都宮の石切場は、榊組をはじめとする、幾つかの組の者が仕切るならわしだったが、新興勢力左右田組の組長寅松は榊組をつぶし、縄張りを拡張しようともくろんでいた。そうしたなかで花田秀次郎の弟分清川周平の許婚者くみに、弥市が横恋慕した。周平を思う秀次郎の弱味につけこんだ寅松は、周平、くみの縁結びを条件に榊組三代目秋山幸太郎を秀次郎に斬らせた。それから三年の歳月が流れ、秀次郎は刑務所を出た。今では石切場は、左右田組がはばをきかせ、幸太郎を失った榊組は、未亡人八重の必死の努力もむなしく斜陽の一途をたどるばかりであった。秀次郎は出所するとすぐ、心ならずも斬ってしまった幸太郎の墓参に寄った。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD21826/story.html

【クライマックスの台詞】
高倉健演じる花田秀次郎〔秀〕と池部良演じる“三上”〔三〕の会話
(“標準語”でないので表記が難しい)

〔三〕秀治郎さん

〔秀〕三上さん

〔三〕何処へ行きなさる。

〔秀〕へ、東京へ、帰えろーと思います。

〔三〕じゃ、この間の勝負は当分お預けになりそうですな。

〔秀〕申し訳ねえが、そうしてやっておくんな。

〔三〕こんどは抜いてもらいますぜ。

〔秀〕へ。三上さん、どちらへおでかけで。

〔三〕ちょっと用足しですよ。

(間)

〔三〕秀治郎さん、駅は向こうですぜ。

〔秀〕へ。まだ、用足しが残ってるんですよ。

〔三〕そいつぁわたくしに任しておくんなさい。一家の者(もん)が、陰に日向にお世話になったそうで。礼を言わして貰います。

〔秀〕三上さん。あーた、ここに残らなくちゃぁならねえお人だ。もしあんたがいなくなったら、あねさんや榊組は一体どうなる。あっしを行かしてやっておくなは。

〔三〕ここであんたを行かしたんじゃ、榊組の面目ぁ立ちません。気持ちだけはありがたく頂戴いたします。

〔秀〕あっしはまだ、幸太郎親分にゃ本当のお詫びをすましちゃいねえんで。
せめて顔向けのできる男にしてやっておくんなへ。

〔三〕秀治郎さん。

〔秀〕三上さん。

(二人、じっと見つめ合う)



posted at 23:05:58 on 2004-10-17 by entee - Category: 仁侠キネマログ TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL