entee memo

2007-07-18

前田耕作『宗祖ゾロアスター』を読む #3

(引用開始)
「東方の三博士」とは、マタイの福音が説かれたパレスティナの人々にとっては、「マゴス」のことであったと芸術家たち[“東方三博士の礼拝”をテーマに競い合って取り上げた中世〜ルネッサンス期のヨーロッパの宗教画家たち]には分かっていたであろうか。

「星」に導かれてやってきて、「夢」を説いて帰っていった博士(マギ)たちというイメージには、占星術に通じたカルデアのマギと、夢占いにたけたメディアのマギが重ね合わされているように思える。しかし新約のマタイ伝には、旧約の「エレミア書」や「ダニエル書」が伝えるマギの姿影はすでにない。(略)

だが彼らが捧げた三つの贈り物に、古意の残存を見ることもできる。三つの贈り物=供物には、きっと彼らの出自と関係のある象徴的な内意がひそめられていたにちがいない。バンヴェニストのようにいえば、それによって社会が自らを表象する姿の総和を凝縮したものにほかならないからである。「黄金」は富、「乳香」は神に捧げられる薫香として祭祀を象徴し、「没薬」は血止めとしての薬効から、戦士に関わる象徴と考えたらどうだろう。
(略)「マタイによる福音書」のこのくだりほど象徴的な意味に満ちあふれている個所は無い。隠喩の豊かさが「福音」(よき便り)に宗教的な深い彩りを与えるのである。「マタイによる福音書」はマギについて語ったけれども、彼らの祖師ゾロアスターについては沈黙を守ったままである。だが旧いキリスト者たちは「東方」がペルシアであることも、「博士たち(マギ)」の祖師がゾロアスターであることも知っていた。(p. 28-29)
(引用終了)[ ]は引用者による補遺。

今回はやや長く引用せざるを得なかった。この重要な想像力を掻き立てる解釈的示唆がこれ以上の簡略さでもって説明されることは、著者の前田氏によっても考えられないことだったかもしれない。いずれにしても、ここで語られていることほどに聖書の「歴史的記述としての価値」を再評価できる箇所もあるまいと思えるほどの驚くべき指摘である。(正直、enteeは久しぶりにドキドキするほどの興奮を覚えた)

[Read More!]
19:00:24 - entee - TrackBacks

2007-07-10

神の恩寵に与ることは原罪を背負うことと同義であることについて

Fall

罪の意識とは、そもそも論理的には関係性や条件性の中にしか存在しえないものだった。「○○をしなければならなかったのにしなかった」とか「すべきでないのに○○をしてしまった」というような、「罪が犯される」に先立って、すべき、せざるべき、という何らかの約束や契約などの条件がなければ、そもそも罪は成立しない筈のものである。これは、善や悪がそうであるのと同様で、あくまでも善は悪の存在を前提としなければ存在できないし、悪も善の存在を前提としなければ存在できないという二者の相互依存にも似たもので、罪と契約(約束)は、相互に切っても切り離せないペアなのである。約束のないところに罪はない。したがって、生まれながらにして罪を持っているとか、祖先から相続されてきた罪があるというような、条件を必要としない罪というものがあるかの説が信じられるには、一体どのような「前提」が必要になるのであろうか。

[Read More!]
19:11:05 - entee - TrackBacks

2007-07-09

過去における他者の《死》が未来におけるあなたの贖罪になる理由(あるいは詭弁)

Pieta

拙論は、
イエスがみずからの身を十字架にかけることにより「贖罪(罪をあがなうこと)」を全人類のために果たしてくれたから、とキリスト教では教えている*
というキリスト教の中核ともいうべき(だが大胆な)教義の記述についての解釈論である。

過去に行なわれたキリストの十字架上の刑死が、未来の人間であるわれわれの罪を消し去る「贖罪 しょくざい」であったという考えはどのように成立しうるのだろうか?** そのようなことが論理的に成立するのかと言えば、どうしても否と言う誘惑を感じないわけには行かない。。だが、こうした不可解もキリスト者にとっては当然のこととして躊躇いなく受け入れている部分のようである。そもそもどうして過去の聖者の自ら選んだ死が、未来の人間の過ちまで含んでそれらを消し去ることに通じ得るのか? 

* 「新約聖書とイエスの歴史的受容」Wikipediaのという項目からの引用。

** こうした疑問は決して真新しいものではなく、キリスト教に対する懐疑の発端としては古典と言うべきものである。例えば、「贖罪【しょくざい】論 」として書かれている解説にもそうしたトーンが反映されているのを見て取ることができる。これは一読の価値がある。


ある意味、これは現世を生きる人間にとって大変「便利」な教えである。現世を生きるわれわれがこれほどまでに堕落し、「間違って」いるのは、この免罪符をすでに手に入れたと考えたためではないかと思われるほど、われわれにとっていかにも有利な教えである。もし、「イエスがみずからの身を十字架にかけることにより贖罪を全人類のために果たしてくれた」と受け容れることが、キリスト者への第一歩であるとすれば、そこには信心することに付随する苦悩が存在しないように思えるではないか? 一体このような「決心」のどこが困難な修練となるのであろうか? 聖書時代から視れば、すでに未来の時を生きているわれわれの犯した(あるいはこれから犯す)罪が、過去の“聖者”による行為によってあらかじめ「消し去られている」のであれば、われわれは何をやっても良いという風にさえ、あえて解釈されはしないだろうか?(いや、現にされているのではあるまいか?)私ならそうするだろう。

[Read More!]
18:30:00 - entee - TrackBacks