entee memo

2005-05-20

A letter from R

Rさんという方からメールを頂き、即興音楽に取り組むべきかどうか、みたいな不安の表明があったので、それについて返事を書いた。すごく真面目で真摯な人です。その真面目さに共感した訳です。自作の音源も聞かせて頂いたが、とても易しい人柄が伝わってくるような音楽だった。また、音楽の遍歴も私と似たようなところが感じられたというのもある。本人に了承の上で(とは言っても個人を特定できる名前は伏せた上で)公開し、自分の本日のエッセイとする。ただし、文面は適宜必要に応じて推敲してり膨らましてあるので、そのままのやり取りを反映したルポにはなっていない。

集客云々という話(自分から始めたんだが)の流れがあって、こんな感じで始まる。

>> このときのQユニットの時もライブは5人見に来た位で勿体無いなーという印象でした。<<

■ それは現実ですよね。いくらでも素晴らしい音楽家はいる。でもその人たちが「売れている」とは限らないし「飯が喰えている」とも限らない。でも音楽の価値が分かる人が何人かでもいる(あなたのように)。そこが重要だと思います。「勿体ない」なんて、ボクでさえも言われるんですよ。大体いつもお客さん少ないから。でも「勿体ない」なんて言う人には、「贅沢できて良かったじゃないですか」とか「じゃ、もっとたくさんの人が聴いたら、勿体なくなくなるんですか?(舌噛みそう)」とか切り返したくなる。要するにお客さんの質より量なんですかと。「それでも勿体ない言うくらいなら、じゃ、ここにお客さん連れて来て下さいよ、オレはそれでなくても音楽を支えるための経済活動、演奏準備、そして演奏そのもので忙しいんですから。素晴らしいって言うくらいなら、ひとりでも多くオレを知らしめることに奔走しろ」ってね。(「同情するなら客をくれ」です。旧くてすんません。)

おそらく今でも店がいっぱいになるのは(どんなにマイナーであっても)一部の日本人ファンが夢中になる「外タレ系」ジャズ・プレイヤーが来た時くらいではないでしょうか(あ、でもこの間は自分の知り合い2バンド出ただけでグッドマンが満員になっていたな。それに、「外タレ」であってもお客が少ないということもありそうだ、この頃は。正常なことですよ、これも)。この状況は日本人が外国から来るものに追随する(理想を見出す)という心理がなくならない限り、なくならない。いつまでも「良いものは海の向こうから来るもの」と思っている。聴いていつまでも有り難がるだけの人はそれでいいのかもしれません。実際問題、われわれのような演奏者も最初はほとんどがリスナーとして音楽人生を始める。そして喜んで「海外発」を素晴らしいものと思って追いかけて来た背景がある。でも、やるわれわれがいつまでもそれではダメなんです。 いや、もっと言うと、表現にコミットしようという人が、国外であろうと国内であろうとスターばかりを立てる発言を続けているようじゃ、自分の世界を築けない。聴いている人も、「このオレが最高のヤツを見つけた、誰も知らねーだろー、口惜しいか?」くらいの気持ちで、自分の「お気に入り」を貪欲に見つけてほしい。もう、みんなと同じことを繰り返すばかりのプロの評論家に頼るのも止めましょうや。

集客と言えば、あとは「会場全体クラブ状態」を目指しているようなグループが成功している模様ですね。あれくらいになると磁場が人を呼び、人が多くなるとさらに磁場が増し、という「良循環」が起こるんでしょうね。とにかく、自分の中ではなるべく人は呼ぶ、できるだけチラシをまく、ネットでも叫ぶ、というくらいの努力で、集客は当面目的にしない、自分の演奏と練習に集中する、という風に割り切ることにしています。 それだけでも大変なエネルギーなんですよ。

>> ふと思いましたが僕は基本的なジャズ理論も通った訳ではないんですが、インプロには非常に魅かれております。この辺りのことに関しては僕は凄く悩みます。。<<

■ 「インプロに魅かれる」って、それだけでいいじゃないですか。一体どこに「悩む」余地があるんでしょう?(って言ってるボクも悩んだことがあるから、人のことはよく分かるんですけどね。)

>> フリージャズに関して言えば、理論を否定するのがフリーと教えられ理論も知らないで、ただ否定するのは右翼の街宣車と同じと言われました。Qさんのユニットはしいて言えば僕のMな部分を持続させて、ときおりそれを解放させてくれるので「あーいいなー」と「感じます。<<

■ 「Mな部分」って「マゾな部分」という意味でしょうか? それにしても、「右翼の街宣車」。名文句だね〜。でも、内容はありきたりだな〜。その「理論を否定するのがフリー」という理屈。それってQさん自身が言ったんですか? 誰が言ったにせよ、ろくなこと教えてないですね。というか、自己保身の理屈ですね。自分がそうやって来たから、次の人もそうでなければ自分の基盤ややってきた努力の前提を否定することになっちゃう。「家元の論理」って呼ぶことにします。それを言った人のつくる音楽は素晴らしいのかもしれませんが、喋っていることは詰まらない。むろん、言っていることと演っていることは(とりあえず)別ですから、そのことで彼の音楽の価値を云々する気はないですけどね。彼が「フリージャズ」あるいは「ジャズ」という枠で音楽をやっているから「崩す」とか「理論の否定」という話に行き着く訳ですよね。完全に「理論」や「枠」を持っている人の見解だな。音楽に理論を持っている人の即興音楽に興味ないな、今は。ジャズ、フリージャズとしては逸品なんだろうけどね。

ただし、「いろいろな音楽を知っている」とか「好きな種類の音楽がある」ということはいいことですよ、即興演奏をやることについて言えばね。でも理論を知らなきゃ否定もできないというハナシとは別。「じゃ、あなたの理論外で音楽やります。否定する事自体にも肯定することにも関心はありません(ところで、あなたの音楽は素晴らしかったです)」でいいじゃないですか。

言っちゃいますけど、確かに「フリー(自由)」というのは「○○からの自由」あるいは「縛り(不自由状態)からのフリー」という風に、否定的にしか定義できないものです(ほとんどの場合)。その点、某氏の理解は正しい(これについては書いたことがある)。そこには、「自由」「フリー」という概念の始まり自体から持っている性質だ、ということの認識がある。つまり、自由に関心があるのは奴隷(不自由者)であって、まさに不自由であるという自意識がフリー(自由状態)に向かわせる、ということはあるわけですよ、どうしても。

でも、最初から理論なしで音楽始めた人がいたとしたら、そのひとはどうしてフリーであることを、ことさらに目指すと思います? いまさら「理論なしで音楽始められるの?」なんて訊かないでくださいよ。もともと理論のない所から<音楽>は始まったんですから。それは分かりますよね。そして、理論は後からそれを真似したい人によって発見されるものでしょ。音楽理論が、具体的作品に先立って存在し得たと思います? 「何々風」の音楽をしたいという理由で音楽をしようと言うなら、理論でも理屈でもその人の書いているものでも何でも勉強してそのように演奏し、飽きたらそれを壊して、とか、繰り返し繰り返しやってりゃあいいんでしょうけど、あれだけの音楽を作っているあなたが、どうして今更「ジャズの理論」がどうのこうの言っているんですかね。下らないっすよ。「凄く悩みます」とか言うの卒業しませんか?

>> enteeさんのような方とお知り合いになれたのは僕にとっては非常に貴重なことです。宜しくお願いします。<<

■ このメッセージ読んだ後でも同じように思って頂けたら本当のお友達です。いやだな、苦手だな、と思われましたら、そうおっしゃってくださって全然結構ですよ。あれ聴いたこれ聴いた、というのをいつまでも言っているんじゃ、詰まらないですしね。おかげで私も目が覚めましたよ。ここ10日ほど自分の方でもいろいろあったためもあり。

entee

PS. ところで、「理論」ではありませんが、「美学」は持っていていいと思いますよ。これがオレの思う恰好いい音楽だ、という思い込みですよ。もちろんそれが「思い込み」に過ぎず、美学ごと自分自身も変化成長するということを自覚してでの話ですけどね。
私も再びこういうことを書くきっかけを頂けて感謝しています。
23:23:00 - entee - TrackBacks

2005-05-13

電流を視よ 虹色の咆哮を聞け

(梅崎幸吉氏に捧ぐ)

彼の声を雷の轟に例えたのは単なる比喩としてではない
それは、地上において畏怖、憧憬の稲妻として作用する
雷鳴のように大気を震撼させ、かつての熱い情念は呼び覚まされる
身を伏せようとするものあれば、逃るるを得ず
そして電撃(う)たれし者は、ただ直立する

叫ぶ彼を咆哮する虎と呼んだのは単なる譬えではない
それは、地上の獲物を追いつめ、憤怒の眼差しは天空へ投げかけ
天に向かいし吼え声は、彼の地にて住まわる者へ届かんと欲す
足元の崖の淵より転がり墜ちゆくものに一瞥を投げかけるが
天からの炎に一瞬身低くせしも、鋭き爪はそれを鷲掴まんとす

雷をたたえた虹色に輝く躯に帯びるは高電圧
丹田に共鳴するは耳に聞こえぬハム音
牙のある裂け目で電極同士が克ち合えば
その赤き深みから大気を割る目映い閃光が吐き出され大地をドラムする

この電撃する嵐の中で、ぼくは謡えるか
彼方へ届く言葉を音律に載せ得るか
咆哮する虎を音色で懐柔(てなずけ)られようか
吼え声をやがて喉奥から悦楽の遠雷へと転じ得ようか

だが聞けよ、この反響の怒号こそ慈雨の前兆(しるし)
プリズムの如き虹色に縁取られた地平に
刻印される稲妻こそ朋友招集の狼煙(のろし)

ねがわくば、いつまでも
耳、澄ましたきは地を割る咆哮
やがて、聞こえきたるは未来からの残響

ねがわくば、いつまでも
身、晒したきは震撼する雷鳴
そして、見据えるは地平に閃く稲妻の眼光


龍神伝わる遥けきブータンは水冴え渡る峡谷の森の
天球を覆わんばかりの無数の綺羅めきは、泳げる彼の鱗
地の雷電集めたる彼の髭のひとつに届かんばかりに
吹けよ
我が大空にも呼んでみせよう龍神の乗り物を
朝(あした)にも二枚の震える葦片(あしぶえ)の舌で



「鬼神ライブ」の舞台(ステエジ)に吹き荒ぶ嵐に身を曝した翌朝の幻影を記す
19:55:00 - entee - TrackBacks

2005-05-05

自覚的であるということが、創作内容の芸術性の決め手となるか?

表現者が自分の役割に関して自覚的であるということが、芸術家であるかどうかの決め手となるということに、何か根拠があるのであろうか? 自分にはそれがまだ分からない。これについては、4/9のblogでも言及した。

ここ数日、美術に親しむ日が続いているために、それについて集中的に考えるきっかけとなった。それで随分前から購入していたがきちんと読んでいなかったS・リングボムの『カンディンスキー ─ 抽象絵画と神秘主義』を取り出して読み始めている。するとこのような一節が出てきた。「カンディンスキーが自らの使命を、ニーチェをも含めて他の先駆者たちの功績と全く類似するものとみなしていたことは間違いがない。また、カンディンスキーの初期の文章は、彼が抽象を芸術の最終段階の始まりと見なしていたことを十分すぎるほどはっきり示している」。

以上の2つの文章には実は二つの異なる課題が含まれている。「自分の使命を他の先駆者たちの功績と類似するものとみなす」というのは、結果として自分の行っている(きた)ことが歴史的にどのように位置付けされるかということについて<考えたことがある>、という意味であって、それが自分の「使命」である、と考えたかどうかとは別問題であるということ。また、仮にそこで彼が「使命」を自覚したとして、その自覚によって彼の創作の内容自体がわれわれの今知るものと違うものになったかどうかは分からないということ。

さらに、カンディンスキーが「抽象を芸術の最終段階の始まり」と見なしていたかどうかも、もちろん検討の余地のあることだ。彼が、画家ではなく、美術史家と同様の美術手法について歴史を概括する目を持っていたとすれば、そうした「最終段階の始まり」との認識を抱いた可能性はある。だが、彼が「芸術における最終段階である」という時代感覚を得たとして、そうした世界観を美術そのものから感じ取っていたとその根拠を美術にだけ求めることは片手落ちであろう(むろん、リングボムもそのようなことは言っていないが)。

自分について言えば、「ある種の音楽手法が、音楽の最終段階の始まりである」という認識を持つことができても、自分がやれることというのは、そうした時代認識とは別に存在することを「自覚」している。時代認識的な「自覚」が私にある種の音楽手法を採らせているのではないのである。そうした認識は、自分の行為の後から「後付け」でついてくるものに過ぎないのである。しかし、自分の役割の自覚こそが芸術であるかの「決め手」となるのだとすれば、私はどこまで行っても「芸術家」であることはできないであろう。そして、そのような自覚が芸術を規定すると言うのであれば、私は「芸術的であること」自体に背を向けることすらやぶさかではないのである。

つまり、そうした意味での「自覚」とは、歴史とに関係のあるものであって、自分が如何に生きるか、と言う、内的動機とはどこまでいっても無関係のものであるからである。内的衝動(動機)を肯定するのであれば、自己存在の歴史的位置づけとは次元の違う行為にコミットしているのであって、一方、自己存在の歴史的位置づけへの自覚が芸術を規定するのであれば、「内的衝動」などというものは、何の価値もないものであるはずだ。

リングボムによれば、カンディンスキーの生前にすでに起きつつあった人文上の大変動、<宗教>、<科学>においては、それらが神智学、心霊・心理学、物理学といった、当時同時多発的に生起し始めていた欧州地域に於ける革命的な新領域への展開があり、それはシュタイナー、フロイト、ユング、そして中でも物理学に於いてはおそらく1905年に発表されたアインシュタインの「特殊相対性理論」によって行われた。一方、<道徳>に関しては、ニーチェによる<神の死亡宣告>があり、宗教教義の規定する道徳律の転覆が起きた、というわけである。そして、美術においては、そうした各方面に起きつつあった革新的な動きに類比できるような革命をカンディンスキー自身が、「非再現的芸術への転回」を以て行い、「非対象絵画」を起こしたというわけだ。だが、リングボムが憶測するように、カンディンスキーが、自分の後にやってくる未来の歴史に関する鳥瞰的な視野を獲得し、「自分の役割を自覚していたかどうか」を確定することが、この際、われわれにとって何か重要な意味をもたらすのであろうか。

以上のことが、美術史家にとって重大な問題であることは想像に難くない。だが、それは、果たしてわれわれに関係のあることなのだろうか、と私は問うているのである。あるいは、具体的には、彼の作品の伝えようとした内容やその価値が、こうしたカンディンスキーの「自覚」によっていささかも変化し得たか、ということを私は問いたいのである。カンディンスキーの絵画の価値は、歴史的な意味付けよりも、その絵画によって描かれている内容そのものによって判断されるべきではないのか?

美術史においては、カンディンスキーが当時起こりつつあった「非再現的芸術」をより高い抽象表現の領域まで高めたことや、当時はやりつつあった超心理学的な思想や仮説を反映しようとするかのように、「非対象的世界」を絵画の<対象とした>ということは、解釈上重要であることに理解を示せないわけではないのだが、「描くべきことを描く」という最も第一次的(プライマリー)な創作家自身の動機が、自らの「立ち位置」への自覚のために、そっくり何か別のものによって置き換えられてしまうというようなことがあるだろうか? 私の考えによれば、否、である。

創作家の「自覚」が問題となる、全く別の局面があり得ることを否定する気はない。つまり、現世的な評価がまったく期待できないにも関わらず、その手法なり方法が、その後の世界に於いて、広く一般の人々にとって意味ある表現手段の獲得につながることを知っていたとしたら、「自分の登場」というのは未来の歴史にとって意義深いものとなるかもしれない、という憶測にすがるということである。

また、ものを喋る人が自分の言葉がある種の前提を必要とするということ、すなわち条件的でしかない、ということを知っていること。これは「自覚」という呼び名に相応しい表現者の態度である。

カンディンスキーは自らをあまり説明しなかったようだが、物を喋るという点に於いて、条件が伴うということを知っていたとすれば、それは「自覚」の一種である。だが、彼が未来の美術史に於いて意味ある存在となる、ということについて自覚していたかどうか、は分からない。また、自覚していたとして、それが彼の創作手法の決め手になっていたかどうかには疑問の余地がある。ただ、彼が創作を続けるにあたって、そうした「考えられる自己存在の意味」について文字通り自覚していたとすれば、それが、彼の創作行為へのコミットメントを勇気づけたことは想像に難くない。だが、それ以外の局面に於いてその自覚が何らかの意味を持っていたかどうかは、今の私には分からないのである。

リングボムの著書を最後まで通読し得た時に、また書くことになるかもしれない。



17:19:56 - entee - TrackBacks

2005-05-02

「われわれの社会」に関する当たり前のような再認識(その4)

■ この事故は裁判でその責任の所在が問われるだろうし、労使との間で熾烈な闘争になることも予想される。「事故の責任は誰のものなのか」ということ。その点、この時点で、待ったなしの記者会見をして、「過密ダイヤが脱線事故を起こした一因である」ことを明言したJR西日本労働組合・中央本部の田村豊執行委員長の行為は英断であると言って良い。その後のメディアの報道の方向を決めたとさえ思える。会社の業務を通じて知り得た情報(企業機密情報)を公にすることでしか開示できない被雇用者の当然の権利の行使である。個人情報保護法など、こうした企業内情報の開示に自発的な自主規制的なブレーキをかける悪法であるが、こうしたこともこれからはますます難しくなる。

■ 「安全第一」を、ただお題目として現場職員にオウムのように口で繰り返させる一方で、このような犯罪的に危険な経営方針を現場に強いていた会社の利益優先の姿勢は、徹底的にあぶり出されてほしいものだと思う。

そのためには、事件から時間が経つほどにメディアの熱が冷め、人々の話題に上らなくなる、という「通常の時間経過」に安易に連動しない、地道でさらに声高なる人々の声が求められる。

23:23:00 - entee - TrackBacks

2005-05-01

「われわれの社会」に関する当たり前のような再認識(その3)

■ クルマの交通事故で800弱の人が毎月亡くなっているらしい。単純計算で福知山線の事故の8倍くらいが、毎月クルマによって殺されている。年間の交通事故死亡者の数が8000人(そのうちの犠牲者のほとんどが小学校3年生くらいまでの児童、及び65歳以上のお年寄り)だとすると、月平均がそれくらいになる。しかもその数は事故後24時間以内に死亡した数であり、その後の死亡者の数を入れるともっと多くなる。だが、「小出し」に起こる自動車事故では自動車産業やそのクルマを運転する人間の人柄やその人たちの生い立ちなどが問われることも名前が出ることもない。

新聞の1面で毎日自動車事故の死亡者の「ボディカウント」とかやると、運転者はもっと緊張して「人をはねる側」にいることに自覚的になるんじゃないだろうか。

23:39:00 - entee - TrackBacks